お散歩ユニット「明日も一万歩」 。世界一周の旅を終え、大阪にて社会生活リハビリ中。
by ashiichi
<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
苦行
2月12日(日曜日)

4大聖地、第2弾!

② ブッダが悟りを開いた場所、ブッダガヤー です。


せっかく仏教の一大聖地にやってきたので

仏教っぽいことをしてみようと、早起きをして

お勤めに参加してきました。



日本寺という、

日本のいろんな宗派がお金を出し合って建てたという

お寺があるのです。

b0206598_2233979.jpg


そこで、朝は6時から。

夕方は5時からの1時間づつ、

読経&座禅が行われ、一般の参加も可能です。



たった1時間だけなのに、

もう、「辛い」の一言です。

怠けきった心と体が悲鳴を上げているのがわかります。



もちろん、私たちの「お勤め」はこの日限り。

でも、朝夕両方行ったことを褒めていただきたい!



そして、神様はそんな私たちを見ていてくださったのでしょうか。

晩ごはんを食べにレストランへ行きました。

メニューに載っていた、なにやら麺類の写真を指差して

「これは何?これが欲しいんだけど」と注文したのですが

出てきた料理は、「あんかけ肉団子」のようなもの・・・

b0206598_2253758.jpg

(手前の白ご飯にかかってるのがそう)


でもね、もう!見るからに美味しそう!!

一応、お店の人には「違うよこれ!」と文句を言って

「もう・・・しょうがないから、これでいいよ」と

恩着せがましく食べることにしたけど、

予想通り、美味しい!!

ナイス!ミステイク!!


美味しすぎて、追加でトゥクパ(ネパールラーメン)も

注文しちゃった。

ユキコ、食べ盛りでございます。



美味しい食べ物と

熱々のシャワーが浴びられれば

もう、そこは素敵な町になります。




ブッダガヤー。最高です。


=============

本日の歩み      13,565歩

今日までの歩み 4,810,199歩

人生、失敗も必要です。
=============
[PR]
by ashiichi | 2012-02-24 22:13 | 34カ国目 インド
何にも無いって素敵じゃない!
2月6日(月曜日)


Eちゃんのおかげで動き出せた私たち。

これからの旅のテーマは

「ブッダの4大聖地巡り」です。



4大聖地とは下の4つです。

① ブッダの生まれた場所。 ルンピニー

② ブッダが悟りを開いた場所。 ブッダガヤー

③ ブッダが初めて説教を説いた場所。 サールナート

④ ブッダが死んだ場所。 クーシナガル


できれば①から順番に行きたいところだけど、

そういうわけにもいかず、


まずは

③ ブッダが初めて説教を説いた場所。 サールナート

に行って参りました。



バラナシからは、リキシャーに乗って1時間足らず。

最初は、サールナートで何泊かしたいと思っていたけど、

バラナシでの調査の結果、

「サールナートには遺跡の他は何にもないから

 1時間も観光したら充分だよ。」と言うことだったので

日帰りで行くことにしました。




ところが。です。

忘れてました。

私たち、「日帰りで充分」と言われる町こそ

好きになって、長居する確率が高いのです!



実際に行って、感じたサールナートは

1時間でなんて無理!!

お泊りの準備してこればよかった・・・。



確かに、遺跡と各国の仏教寺院があるくらいで

他には何もないけど、

いいじゃない。何もなくっても。

b0206598_17173117.jpg


お寺に行って、ぼんやりする。



素敵じゃない!!


b0206598_235503.jpg


あと、この町で気に入ったのは、

チベット系の人がたくさんいること。



チベット系の人って、顔が日本人そっくり。

やっぱり、似ているって安心なのか、

つい笑顔で「ナマステ」って言ってしまうし、

返ってくる笑顔もすごく素敵で嬉しくなる。




挨拶と笑顔ってすごく大切だね。




ここが、ブッダが初めて説教を説いた木の下です。

b0206598_17135589.jpg


この木陰で涼みながら、友達5人にお話をしたそうです。

その木の下で、

ユキコはクマのくだらない説教を聞くことになりました・・・。
[PR]
by ashiichi | 2012-02-09 02:41 | 34カ国目 インド
女神到着!!
2月4日(金曜日)


負のオーラに包まれた、私たち、

当然、喧嘩もしちゃいます。


喧嘩というか、

お互いにイライラをぶつけ合ってる感じだけど。





それで、とうとう、「もう日本に帰ろう」ってことになりました。

飛行機の時間と値段を調べて、

後はクマの体調回復を待って、

チケットを購入しようとしていたところ、

ホテルのフロントに日本人の女の子がいました。



!!!!



Eちゃんだ!



タイで出会って、3日ほど3人で旅をしたEちゃんが

会いにきてくれていました。






1週間ほど前に、Eちゃんがインド入りをしているのは知っていました。

それで、

「もしかしたら、会えるかもね。

私は○○ゲストハウスにいるよ」

ってメールを送ってたんです。




それをたよりに、私たちを探しに来てくれたんです。




嬉しくなった私たちは、

「もう日本に帰ろう」なんて言ってたくせに、

「次、ココに行こうと思うんだけど、一緒に行かない?」って

Eちゃんを誘って、

なんと、日本に帰るどころか、

ブッダの4大聖地を巡る旅を始めることになりました。




私とクマの間に漂っていた

イヤ~なムードも吹っ飛んで、

元通り、仲良しです。




そういや、タイで会ったときも

Eちゃんと一緒に行動したおかげで

久々に精力的に動けたりして、楽しかったな。




おまけに、

クマに降り注いでいた負のオーラも

Eちゃんパワーで吹っ飛んで

すっかり元気になりました。



これで

「明日も一万歩」フル回転です!!
[PR]
by ashiichi | 2012-02-08 16:58 | 34カ国目 インド
負のオーラ
2月2日(木曜日)

ナマステ。

インドはバラナシに滞在中です。




バラナシと言えば、ガンジス川です。

b0206598_3102811.jpg



ガンジス川といえば、死体が流れています。





そう思っていたけど、

死体は滅多と流れません。

燃やした灰を流すのが基本で、

燃やせない人は、重りをつけて沈めるそうです。





ここではすっかり負のオーラに包まれてしまったのか、

ipodの画面が割れてしまいました。

b0206598_311149.jpg


旅のマストアイテム上位のipodさん。

なのに、先日「iphone買おうかな・・・」と言ってしまったのを

聞いていたのかもしれません。

ごめんなさい。




バラナシの負のオーラとipodさんの怒りのオーラを受けて、

ユキコはこんなことになってしまいました。





病院にて、点滴中。

b0206598_3151734.jpg



変なものを食べた覚えはないけど、

下痢に3日悩まされた結果、

カリカリにやせ細り、ありえない体重となってしまいました。



でも、インド人でも藪でも医者は医者。

点滴とお薬で今はスッカリ元気に!!

体重もあっという間に元通り。



そして、負のオーラ。

次はクマの身に降りかかろうとしております・・・




現在、バラナシ滞在2週間。

インドで一番キライな町、バラナシ。

さて、いつになったら脱出できるのでしょうか??
[PR]
by ashiichi | 2012-02-06 03:17 | 34カ国目 インド
カジュラホ村に行ってきました
1月17日(火曜日)

カジュラホ村は、こんな↓

b0206598_2253557.jpg


エッチな彫刻の遺跡で有名です。




小さな村に、世界遺産のこの遺跡があるので

たくさんの観光客が訪れます。

その比率にビックリ!!




アシイチ調べ、

カジュラホ村にいる人種は

黒い人 4割

白い人 1割

黄色い人 5割



黄色の内訳。

9割5部が韓国人です。



インド人よりも韓国人がたくさんいる町なのです。




ここは村なので、

少し歩くだけで、のどかなエリアに入れます。

ここは 旧市街だそうです。

b0206598_2265425.jpg


みんな軒先に出て、日光浴してたり、

井戸の近くでお洗濯していたり、

のーんびり生活のようです。




歩いていると、どこからともなく少年が寄ってきます。

で、勝手にガイドをしてくれるんですね。

b0206598_2274395.jpg


最後に勉強のために本を買ってくれ。って言われちゃうんですけど、

(買わないですけどね)



この町では、ガイドとして生きていくのが一番お金になるのか、

語学学校に行くお金がない子供たちは

こうやって、外国人に話しかけることでお勉強しているそうです。

机の上でお勉強するよりも、よっぽど効率的だね。




この町でもいつもどおり、

おいしいチャイ屋さんを1件決めて

毎日3回通い詰めました。

チャイの美味しさの決め手は

甘さと生姜のバランスですね。

b0206598_2283828.jpg


通っていると、私たちを見つけてニッコリしてくれたり、

帰るときにも、私たちが「バイバイ」って手を振ると、

いいや!「また明日ね!」とか

「お昼にね!」なんて言ってくれるのが

所詮、彼らにとって、私たちは金づるかもしれないけど

嬉しいな。




b0206598_2324148.jpg


 ↑ 細い路地でバイクがつかえて、進めなくなった

 おバカなインド人。


 インドはやっぱりインド人が一番面白い。
[PR]
by ashiichi | 2012-02-01 02:36 | 34カ国目 インド


カテゴリ
最新の記事
Santiago de Co..
at 2014-11-26 08:00
Santa Irene → ..
at 2014-11-24 08:00
Castaneda → Sa..
at 2014-11-21 08:00
Palas de Rei →..
at 2014-11-19 08:00
Portmarin → Pa..
at 2014-11-17 08:00
以前の記事
ランキング参加中
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
検索
タグ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧