お散歩ユニット「明日も一万歩」 。世界一周の旅を終え、大阪にて社会生活リハビリ中。
by ashiichi
<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
いつもありがとう
1月13日(金曜日)


アーグラーからカジュラホに行きたかったのですが

長時間の移動が耐えられないので

中継地点のジャンスィにいます。




昨日移動をしてきたのですが、

昨日1日、ユキコは体調不良で死んでいました。




クマによると、

ダブルKちゃんと一緒に過ごして、はしゃぎ過ぎたんだろう。って。



私、不自然なくらい はしゃいでいたそうです。

だって、楽しかったからしょうがないよね。



でも、ぐっすり眠ったから、今日はもう元気です!



私が寝込んで、

クマにとっては退屈な1日になっちゃって申し訳ないけど、

こういうとき、クマが一緒にいてくれるのがすごくありがたいし、

心配してくれると、嬉しくなっちゃう。





ジャンスィ。

我等のバイブル「地球の歩き方」には載っていない町で

ホテルが有るかどうか・・・とか不安もあったのですが、

なかなか素敵な町です。




観光名所的な場所はあんまり無いみたいだけど

お約束の要塞はあるし、

インドではあまり見ることの無かった公園もあるし、

子供たちはクリケットで遊んでいるし、

ほのぼの。です。

b0206598_474347.jpg


クリケットといえば、

今、日本とインドの共同制作で

「巨人の星」のクリケットバージョンを製作しているそうですね。

もう、ヒット間違いなし!!だわ。




私が一番興味を持ったのは、

St. Jude Church

b0206598_482575.jpg


教会はもうウンザリしたはずだったけど、

ユダの教会なんて初めて!

裏切り者扱いされているユダにも教会がありました。

教会はインドなのでやっぱりイスラムチックな装飾があって

南米やヨーロッパで見たのとは少し違っています。

静かで綺麗な敷地内は

のんびりのひと時を過ごすのには持って来い!です。
[PR]
by ashiichi | 2012-01-25 04:09
憧れのお墓参り
1月11日(火曜日)


憧れのアーグラーにいます。

アーグラーといえば、タージマハルですよ。

b0206598_19255692.jpg



朝起きてタージマハルの状況を確認してみると、

霧だらけで、なーんにも見えません。

町を歩いてもこんな感じ。

b0206598_19173867.jpg


これが朝9時くらい。




お昼ぐらいから霧が晴れだして、

2時くらいにスッキリしてきたので、

念願のお墓参りに行ってきます!!!





そう。

タージマハルってお墓なんですよ。

お墓にお金を取って入れる。って

インド人、思い切ったことしますよね。




そして、タージマハルの入場料は

インド人20ルピー(約40円)

外国人750ルピー(約1,500円)

と、桁違い!

ちなみに、私たちの1日の予算は

ホテル代も全部込みで2人で1000ルピーです。

入場料だけで予算オーバー!!




でもね、

ここは払いがいがありました。



まず、入場するときにインド人は長蛇の列なのに

外国人は横から スッと入れちゃいます。

15分は短縮できたはず。


お墓(メイン)の中に入るときも

インド人と外国人の列は別です。

b0206598_19184182.jpg


なんか、いー気分!!!!




そんなことよりも、タージマハルですね。



すばらしいです。

これが見たくって、インドに来たんです。

b0206598_19235678.jpg


ただの門がこの美しさ!

仏教徒もヒンドゥ教徒もシーク教徒も

そんなの関係なく、美しいものは美しいんです。

イスラム建築って、本当に美しい。

おじいちゃんも孫の写真を撮るのに夢中です。

b0206598_19243262.jpg


何回も書いてるかもしれないけど、

イスラム教が世界で一番真面目な宗教な気がします。

(ヒンドゥ教が一番訳わかんない!!!)



しかも、今日はクマと2人じゃないんですよ。




お昼ごはんを食べに行ったときに

出会っちゃったんです。

1ヶ月前にエローラで会った名古屋のKちゃんに。




エローラでは連絡先も聞かずに別れちゃったけど

必要なら、こうしてもう一度会えるんですね。




そして、さらにもう1人。

東京のKちゃんとも知り合うことができました。



晩ごはんは4人で楽しく。

クマもビールが進んじゃいますね。

b0206598_19251665.jpg

[PR]
by ashiichi | 2012-01-22 19:28 | 34カ国目 インド
舌切り雀の旅
こんにちは。

リアルタイム、今朝、バラーナシに到着です。


1月4日(水曜日)


ィヤッホーイ!!!!

サリー買いましたよ!



ドキドキしたわぁ・・・。



何にもドキドキすることないかもしれないけど、

まず、私はヒンディー語はもちろん、英語もダメだし、

サリーを買うときの仕組み?がよくわからない・・・。

だから、お店に入るのも怖くて・・・。



でも、インド人って基本は優しいんです。

だから、私と同じように片言の英語の店員さんも

一生懸命教えてくれます。



まずは、たくさん有るサリーの中から好きな柄を選びます。

次は、ペチコートとブラウスの布を選びます。

私の買ったお店はペチコートは売ってるけど

ブラウスの布は置いていませんでした。



お店の人が何かヒンディー語で住所を書いてくれて

それを持って聞いて歩きます。

なんだか「舌切り雀」の気分です。

b0206598_0215723.jpg


馬洗い(タバコ屋)のおじさんに聞いて

アッチだと教えてもらい、



牛洗い(薬屋)のおじさんに聞いて

コッチだと教えてもらい、

着いた所は別のサリー屋でした。



ここではサリーの他に

ペチコートやブラウス用の布地も売っていて

私はブラウス用の布地を購入です。



次はコレを持って仕立て屋さんへ行きます。

こんども布地を買ったお店の人に教えてもらって

再び「舌切り雀」です。

b0206598_0223572.jpg


仕立て屋さんにブラウス用の布地と、

サリーの布についているブラウスの部分を切り離して

預けます。



そう。サリーって6mくらいで売られているけど、

そのうちの1mくらいはブラウスを作るための布になってるの。

だから、みんなサリーの裾のステッチと

ブラウスの袖のステッチが一緒だったりしてるのね。



仕立ては本当は2~3日かかるみたいだけど

大急ぎで1日でしてもらいました。

採寸してから作ってもらったブラウスは

残念ながら、おっぱい部分に余裕があって

おなかの部分が苦しい・・・

なんだか切ないことになってます。

(インド人、細くておっぱい大きい人多いから・・・)

でも、着られるから大丈夫。



参考までに、今回のサリー一式の価格は

サリー 500ルピー
ペチコート 100ルピー
ブラウスの布 70ルピー
仕立て代 80ルピー

合計 750ルピー(約1,500円)でした。


ただいま着付けの練習中。

いつか公開できるといいけどね・・・。


=============

本日の歩み      18,143歩

今日までの歩み 4,591,378歩

舌切り雀効果!

=============
[PR]
by ashiichi | 2012-01-22 00:24 | 34カ国目 インド
オススメ のんびりポイント
1月2日(月曜日)


バスに乗ってお出かけです。

目的地はクーリー村。




地図に載っていたバス停を目指して行ったのですが

どこに有るのかわかりません。

バスは1日に3本しかないらしくって、

朝のバスに乗れなければ、日帰りは不可能です。




前から来たバスに手を上げてみて

「クーリー?」って聞いてみたら

なんと!クーリー村行きのバスでした!!!




こんな形で捕まえることができるなんて、

ラッキー☆



1時間ちょっとで着いたクーリー村は

なーんにもない町でした。


b0206598_020334.jpg


まずは、お昼ご飯を食べたかったのに

レストランも無ければ、屋台も無い。

あるのは小さな売店とゲストハウスが数件。



バス停にいた客引きのおじさんのゲストハウスで

ランチをしました。

お部屋を見せてくれたら、

まぁまぁだし、なんと、3食付ですって!

ま、付いててくれないと食べる場所が無いんだけど・・・。



今日がインド人の冬休みの最終日なので

お客さんは0みたいで、

私たちが最初のお客さんでした。


って言うのも、

インドって最初のお客さんからもらったお金は

おでこの前に持っていって

「ありがとうございます」って感じなのか

「おまじない」みたいなことをするんです。



これされると、なんだか嬉しい気分になります。



村は素朴な感じでかわいらしい。

村の人たちも愛想がよくて、

にっこり「ナマステ」って言ってくれます。

水汲みの女の子も、遠くから「ハロー」って叫んでます。


b0206598_0205816.jpg


手を振ったら嬉しそうにキャッキャしてて、

そのノリが、女の子らしくってほのぼのです。



ただ、子供たちは「1ルピー」って言って付いて来るのが残念です。

日本人って、こういう習慣が無いし、

むしろ、「働かざるもの喰うべからず」の精神だから

ただ単に「金くれ」なんて、許せない!


そう思えば、

南米で鼻の穴真っ黒にして

靴磨きしてた子供たちって、偉い!

1回くらい磨いてもらっても良かったかも・・・。



この村の「売り」はキャメルサファリなんだけど、

汚い動物に触りたくない私たちは

らくだの上に乗るなんてもってのほかで、

散歩のみ。です。

だって私たち「お散歩ユニット 明日も一万歩」ですから!



残念ながら、明日ジャイサルメールを去るので

この村にはお泊り無しですが

本気の「のんびり」をするには

最高の村だったかもしれません。

きっと、最高の星空が見れるんだろうな。

b0206598_0214364.jpg


=============
久々の報告!

本日の歩み      18,471歩

今日までの歩み 4,570,043歩

がんばって歩いてますよ!
=============
[PR]
by ashiichi | 2012-01-09 00:29 | 34カ国目 インド
砂漠の町で思うこと。
明けましておめでとうございます。

リアルタイム

インドのジャイプールと言う町で

元気に楽しく過ごしております。



12月31日(土曜日)


ジャイサルメールより、ナマステ。

b0206598_17461.jpg



最近、不思議に思い始めた

「太陽と地球と月の関係」について

クマにいろいろと質問をしています。



当たり前なんですけど、

月は約1ヶ月かけて、満ち欠けをします。

月の明るいところは太陽の光が当たっているところ。


でも、地球も月もそれぞれ動いているのに、

なんで1日の中で月の形は変化しないんだろう・・・

って、どんどん疑問が膨らんでいます。




クマは意外にも!お勉強のできる人なので

説明をしてくれるのですが、

しっくり、私の体に入ってきません。



でも、こういうことに疑問を持てる心の余裕があることが、

ゆっくり説明をしてもらえる時間があることが、

すごく嬉しいです。



これが、旅に出た一番のメリットかも。


b0206598_175146.jpg


ジャイサルメール。

インドの西の端っこの砂漠の町。

あと100km先はパキスタン。

こんな町で日本人旅行者とも出会え

楽しい大晦日ディナーもすることができました。

(温厚なインド人の珍しい喧嘩現場にも遭遇!)



いつも思うけど、

日本にいても全く出会えなかった人たちと

外国で出会えるなんて、

どんだけ奇跡なんだろう。



今年1年の奇跡の数々に感謝です。

b0206598_1753687.jpg


奇跡的な距離で地球を暖めてくれている太陽も

これが今年の沈み納め。

地球も、公転1周おつかれさまでした。

来年も張り切って周って行こうね!
[PR]
by ashiichi | 2012-01-07 17:10 | 34カ国目 インド


カテゴリ
最新の記事
Santiago de Co..
at 2014-11-26 08:00
Santa Irene → ..
at 2014-11-24 08:00
Castaneda → Sa..
at 2014-11-21 08:00
Palas de Rei →..
at 2014-11-19 08:00
Portmarin → Pa..
at 2014-11-17 08:00
以前の記事
ランキング参加中
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧