お散歩ユニット「明日も一万歩」 。世界一周の旅を終え、大阪にて社会生活リハビリ中。
by ashiichi
Santiago de Compostera
2014年7月4日(金)
歩いた距離:0km 合計:795.5km

町外れのホテルでぐっすり休む。
今日はもう、歩かなくてもいい。
なのに、いそいそと8時ごろには出かけるM子さんと私。

目的地は、昨日、M男さんとお茶をしたパラドール。

巡礼者の特権
証明書を手にして3日以内、
毎食 先着10名に限り、
巡礼者はパラドールのまかないご飯を無料でいただくことができます。

この、嘘か真か不確かな情報をもとに、いそいそと…。

結果、真でこざいました。
b0206598_2137147.jpg

しかも、みなさん、昼か夜に狙うのか
朝ごはんは私たち2人だけ。
パラドールの従業員口から入り、厨房に通されます。
お金を払えばパラドールには泊まれるけど、
この裏舞台はなかなか見られるものじゃない。テンション上がります。
b0206598_21374589.jpg

そして、お昼には、巡礼者のためのミサに出席。
以前は、一人ひとり名前が読み上げられていたそうだけれど、今はありません。(残念)
ミサの内容は、何を言ってるのかさっぱりわからないけど、
歩ききった達成感で、もう、感動…
b0206598_21383375.jpg

しそうなのに、隣の子供がかわいくて仕方が無い。
賛美歌が歌われるたびに、「上手にできました」の拍手をしてくれる。それに、隣の東洋人が気になる様子。
ミサの終わりには、近くの人と握手をするんだけど、
もちろん、彼とも握手。かわいいなぁ。

午後には、このカミーノの大切な目的。
「ヤコブ様のお墓参り」をササッと。
それよりも、私にとって重要なのは、あのリボンです。
ヘージンから預かったあのリボンを、彼女の希望通り、カテドラルに残します。
途中で無念のリタイヤをした彼女。
いつか、もう一度歩き始める日が来ますように。

この写真を彼女に送ると、
「あの時会えたのがユキコでよかった」と英語が苦手な彼女からのメール。
なんて嬉しい言葉なんだろう。
b0206598_2139204.jpg

いろんな人に助けられて歩いたこの道。
毎日少しずつ、
本当にサンティアゴまで歩けるんだろうか?と不安になりながら歩いたこの道。
一歩一歩 歩けば、いつかたどり着ける。
それを頭ではなく、体で覚えた、この達成感。
今なら私、何だってできそうな気がするなぁ。

そして何より、この達成感をM子さんと分かち合えたこと。
すごく、嬉しく思います。

以上。
ユキコ自己満足の「カミーノ日記:フランス人の道」は終了です。
[PR]
by ashiichi | 2014-11-26 08:00
Santa Irene → S... >>


カテゴリ
最新の記事
Santiago de Co..
at 2014-11-26 08:00
Santa Irene → ..
at 2014-11-24 08:00
Castaneda → Sa..
at 2014-11-21 08:00
Palas de Rei →..
at 2014-11-19 08:00
Portmarin → Pa..
at 2014-11-17 08:00
以前の記事
ランキング参加中
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧