お散歩ユニット「明日も一万歩」 。世界一周の旅を終え、大阪にて社会生活リハビリ中。
by ashiichi
Castaneda → Santa Irene
2014年7月2日(水) 41日目
歩いた距離:22.4km 合計:772.7km

あぁ、2段ベッドじゃないって、いびきが聞こえないって、幸せ!
ぐっすり眠れた。
雨が降りそうな中、レインジャケットを防寒具代わりに歩き出す。
b0206598_21244884.jpg

ゴール間近だからか、「Buen Camimo」と言う人たちの笑顔が清々しい。私たちも、誇らしげに「Buen Camono!」
気分も体調もいいはずなのに、やっぱり距離が出ない。
2時頃、M子さんのガイドブックに載っていた人気のレストランに到着。だけど、混んでいて、しかも「このメニューしかできない」とかなりショボイものをさしてきたので、お向かいのすいているレストランに移動。
しかし、ここで問題です。
昨日もアルベルゲから、今日泊まるアルベルゲを予約してもらっていました。「3時までに到着しなければキャンセル扱いね」と言われていたのです。ここからアルベルゲまではそんなに距離は無いはずだけど、ここで食べていては絶対に3時までには到着できない。
しかし!私たちの食欲も抑えられない…。
お店のお姉さんに、
「Can you speak English?」
と聞くと、「yes」と言うので、
M子さんの綺麗な英語でその旨を説明し、遅れることをアルベルゲに伝えて欲しい。とお願いすると、お姉さんは「???」
次は私のつたないスペイン語でお願い。
2つをあわせるとどうやら理解してくれたようで、その場で電話をかけてくれました。
わずかに聞き取れるスペイン語「dos chicas...」
M子さんと2人で「”chicas”だって。」と喜び合って、お姉さんにお礼を言いました。
「chica」とは「女の子」の意味。
スペイン人は心が広くて、40代までは「chica」らしい。
このレストランはいい気分にさせてくれる上に、味もなかなか。ガイドブックにだまされてお向かいで食べなくて良かった。
食後、30分ほど歩いてアルベルゲに到着。
b0206598_21253354.jpg

歩いてる途中に摘んできたミントを出して、「これでミントティーを作ってください」とお願いすると、「これじゃぁ足りないわ。庭に行ってもっと摘んできなさい」と快く作ってくれるお姉さん。

本当に、Caminoに暮らす人たちはなんて親切なんだろう。
[PR]
by ashiichi | 2014-11-21 08:00 | カミーノ日記
<< Santa Irene → S... Palas de Rei → ... >>


カテゴリ
最新の記事
Santiago de Co..
at 2014-11-26 08:00
Santa Irene → ..
at 2014-11-24 08:00
Castaneda → Sa..
at 2014-11-21 08:00
Palas de Rei →..
at 2014-11-19 08:00
Portmarin → Pa..
at 2014-11-17 08:00
以前の記事
ランキング参加中
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧