お散歩ユニット「明日も一万歩」 。世界一周の旅を終え、大阪にて社会生活リハビリ中。
by ashiichi
カテゴリ:34カ国目 インド( 18 )
眠れない夜
ある 眠れない夜

懐かしの名作

「天使なんかじゃない」を読んでいました。

b0206598_22461644.jpg



なんと、もう20年前の作品なんですね。






今も、名作でした。







みなさん、覚えてますか?

終盤の あのシーン。





晃が将志さんを探しにインドに行ったシーンです。





あそこね、

私達も行ってました!!



なんとプシュカルでしたよ。




晃が将志さんと再会した場所。

b0206598_2247917.jpg


ココも行きましたよ!


アングルは違うけど、

b0206598_22474727.jpg




だって、この湖 一周したもん!

ハトの餌が 足の裏にくっついて 痛かったな・・・。




あ~あ、知ってたら もっと楽しんできたのにな。

プシュカル。 いい町だったよ。

だってね、




「美味しいチャイ屋さんランキング」

(アシイチ調べ)

堂々の1位は この プシュカルのチャイ屋さんだし、

b0206598_22481977.jpg


お父さん、今日も真面目に美味しいチャイ淹れてるんだろうなぁ。





「インドの快適ホステルランキング」

(アシイチ調べ)

こちらの1位も なんと プシュカルなんですね。

ここのwi-fiのスピードはインド最速でした。





妹のコメントで、

このシーンのことは 思い出してたのに・・・

まさか プシュカルだとは思ってなかった・・・





あぁ、でも良かったよ。

晃と翠も、

将志さんとマキちゃんも、

マミリンとタキガワマンも・・・

みんな幸せになれて 良かったよ。





私も頑張らないとね。








いい歳して、マンガに影響されてます・・・
[PR]
by ashiichi | 2012-07-05 08:00 | 34カ国目 インド
インド最後の町
2月21日(火曜日)


ブッダの足跡をたどる旅、第4弾。

④ ブッダのなくなった場所。 クシーナガル

におります。

b0206598_17455153.jpg

(ブッダが荼毘にふされた場所)


ここに来て、インドで初めての経験をしました。



バスから降りたのに、誰も寄ってこない・・・



移動の日は、いつも

本当にウンザリするくらいの客引きがやって来て、

その度に、インド大キライ!!!になってたのに、

クシーナガルには、だーれもいない・・・

(少しサミシイ・・・)



そんな町なので、とっても居心地がいいです。

困ったのは、宿のレベルが低くて、値段だけ一丁前なこと。

だから、興味のあった、お寺の宿坊を訪ねてみました。




韓国寺、タイ寺、ベトナム寺などたくさんある中、

私たちがお世話になったのは、

チベット寺。

b0206598_17475483.jpg


チベット仏教のお祈り?は

立ったり、しゃがんだり、寝転んだり、

とってもしんどそうだったので、

朝晩のお勤め、どうしよう・・・・と心配していたけど、

全く、誘われることもなく、

普通にゲストハウスとして利用させていただきました。





この町にやってくるのは、

インド人旅行者か、

バスツアーでやってくる各国の仏教徒たち。

b0206598_17491295.jpg

(おそらく、スリランカからのご一行)


私たちみたいに、地元の人にまぎれて

食事をしたりする外国人は珍しいみたいで、

ハニカミながら、接客してくれるのがカワイイ。



それに、この町に連泊する旅行者も珍しいみたいで、

(5泊もしちゃいました)

遺跡の門番のおじさんも、

サモサ屋のおじさんも、

物乞いの子供たちまで、

「あ、また来たか!」みたいな顔して

挨拶してくれます。




遺跡以外は、美味しいレストランもないし、

つまらない町かも知れないけど、

「ナマステ」って挨拶したら、

飛び切りの笑顔が返ってくる、

素敵な町です。

b0206598_1751490.jpg



インド最後の町がここで良かった。

こんな町ばっかりだったら、

インド大好きになってたのに・・・。




結局、インド80日の感想は、



大っキライだけど、

なんだか気になる、

少女マンガの恋愛のような感じです。



大っキライなのに、もしかしたら、

「また行きたい」って言っちゃうかもしれない。



=============

本日の歩み      19,026歩

今日までの歩み 4,921,509歩

おや!もうすぐ500万歩だ!!

=============
[PR]
by ashiichi | 2012-03-07 17:55 | 34カ国目 インド
思いがけず、世界一
ごぶさたです。

ただいま、ネパールの首都カトマンズにいます。

ネパールに入ってから、少し事件がありましたが

(そのお話は後ほど・・・)

楽しく旅行中です。


カトマンズの日本食はレベルが高いと聞いているので

楽しみだ!!



2月17日(金曜日)


ブッダガヤーから、通り道なので

残念ながら4大聖地には入れなかった

8大聖地の一つ、ラージキルに寄って

ハジプールという町にいます。



ラージキルでは久々にしっかりと歩いて、

ブッダが法華経を説いた場所として知られている

山に登ってきました。



その道に素敵な壁画を発見!

b0206598_19344062.jpg


「野糞はやめて、みんなトイレに行こうね☆」

っていうメッセージがこめられている模様。




日本にいると信じられないけど、

本当に、大人も子供も野糞です。

電車に乗ってると車窓から野糞風景が堪能できます。



山を登っている途中には

物乞いの人たちがたくさんいます。

子供もいて、泣きまねしてついてきます。

だから、私も泣きまねしてみると、

子供もついつい笑っちゃうんですね。

笑うとすごくかわいい。

いつも笑顔でいればいいのに。



どっちにしたって、お金はあげないけどね!



宿から寄り道したりして、4時間歩いて到着したのがココ。

ブッダが修行をし、法華経を説いた山の上。

b0206598_1936093.jpg


そしてこれが 多分、ブッダも見たであろう

山の上からの景色。

b0206598_1937597.jpg



そして、ラージキルから移動です。

次は、ブッダが亡くなった場所を目指すのですが、

少し遠いので、中継していかなくてはなりません。




まずは、パトナー。

そして、ゴーラクプルへ。

でも、パトナーからゴーラクプルには電車が出ていないので

リキシャーに乗って、

ガンガーの対岸にあるハジプールまで行きます。




ここのガンガーはバラナシとは全然違っていて、

広くて、ゆったりしていて、

沐浴はしたくないけど

これなら「母なる川」の意味が少しわかる気がする。




対岸に有る町にいくので

当然、ガンガーを渡ります。

その橋が、なんと世界一なのです!



なにが世界一かと言いますと、

「一つの川にかかる橋の長さ」が世界一なのです。

確かに、10分くらい走っていたような気がする。



バラナシで超ウザイ!!インド人を経験したからか、

それ以降のインド人がかわいく見えてきた。

好奇心旺盛で、それを隠そうともしない。

っていうか、隠せない!

だから、こっちが助けを求めると、

待ってました!!とばかりに助けてくれる。

お商売と関係のないところだと、

本当に親切。




インドも残すところあと10日くらい。

このまま、気持ちよく終われればいいな。


=============

本日の歩み       3,297歩

今日までの歩み 4,868,306歩

=============
[PR]
by ashiichi | 2012-03-06 19:42 | 34カ国目 インド
苦行
2月12日(日曜日)

4大聖地、第2弾!

② ブッダが悟りを開いた場所、ブッダガヤー です。


せっかく仏教の一大聖地にやってきたので

仏教っぽいことをしてみようと、早起きをして

お勤めに参加してきました。



日本寺という、

日本のいろんな宗派がお金を出し合って建てたという

お寺があるのです。

b0206598_2233979.jpg


そこで、朝は6時から。

夕方は5時からの1時間づつ、

読経&座禅が行われ、一般の参加も可能です。



たった1時間だけなのに、

もう、「辛い」の一言です。

怠けきった心と体が悲鳴を上げているのがわかります。



もちろん、私たちの「お勤め」はこの日限り。

でも、朝夕両方行ったことを褒めていただきたい!



そして、神様はそんな私たちを見ていてくださったのでしょうか。

晩ごはんを食べにレストランへ行きました。

メニューに載っていた、なにやら麺類の写真を指差して

「これは何?これが欲しいんだけど」と注文したのですが

出てきた料理は、「あんかけ肉団子」のようなもの・・・

b0206598_2253758.jpg

(手前の白ご飯にかかってるのがそう)


でもね、もう!見るからに美味しそう!!

一応、お店の人には「違うよこれ!」と文句を言って

「もう・・・しょうがないから、これでいいよ」と

恩着せがましく食べることにしたけど、

予想通り、美味しい!!

ナイス!ミステイク!!


美味しすぎて、追加でトゥクパ(ネパールラーメン)も

注文しちゃった。

ユキコ、食べ盛りでございます。



美味しい食べ物と

熱々のシャワーが浴びられれば

もう、そこは素敵な町になります。




ブッダガヤー。最高です。


=============

本日の歩み      13,565歩

今日までの歩み 4,810,199歩

人生、失敗も必要です。
=============
[PR]
by ashiichi | 2012-02-24 22:13 | 34カ国目 インド
何にも無いって素敵じゃない!
2月6日(月曜日)


Eちゃんのおかげで動き出せた私たち。

これからの旅のテーマは

「ブッダの4大聖地巡り」です。



4大聖地とは下の4つです。

① ブッダの生まれた場所。 ルンピニー

② ブッダが悟りを開いた場所。 ブッダガヤー

③ ブッダが初めて説教を説いた場所。 サールナート

④ ブッダが死んだ場所。 クーシナガル


できれば①から順番に行きたいところだけど、

そういうわけにもいかず、


まずは

③ ブッダが初めて説教を説いた場所。 サールナート

に行って参りました。



バラナシからは、リキシャーに乗って1時間足らず。

最初は、サールナートで何泊かしたいと思っていたけど、

バラナシでの調査の結果、

「サールナートには遺跡の他は何にもないから

 1時間も観光したら充分だよ。」と言うことだったので

日帰りで行くことにしました。




ところが。です。

忘れてました。

私たち、「日帰りで充分」と言われる町こそ

好きになって、長居する確率が高いのです!



実際に行って、感じたサールナートは

1時間でなんて無理!!

お泊りの準備してこればよかった・・・。



確かに、遺跡と各国の仏教寺院があるくらいで

他には何もないけど、

いいじゃない。何もなくっても。

b0206598_17173117.jpg


お寺に行って、ぼんやりする。



素敵じゃない!!


b0206598_235503.jpg


あと、この町で気に入ったのは、

チベット系の人がたくさんいること。



チベット系の人って、顔が日本人そっくり。

やっぱり、似ているって安心なのか、

つい笑顔で「ナマステ」って言ってしまうし、

返ってくる笑顔もすごく素敵で嬉しくなる。




挨拶と笑顔ってすごく大切だね。




ここが、ブッダが初めて説教を説いた木の下です。

b0206598_17135589.jpg


この木陰で涼みながら、友達5人にお話をしたそうです。

その木の下で、

ユキコはクマのくだらない説教を聞くことになりました・・・。
[PR]
by ashiichi | 2012-02-09 02:41 | 34カ国目 インド
女神到着!!
2月4日(金曜日)


負のオーラに包まれた、私たち、

当然、喧嘩もしちゃいます。


喧嘩というか、

お互いにイライラをぶつけ合ってる感じだけど。





それで、とうとう、「もう日本に帰ろう」ってことになりました。

飛行機の時間と値段を調べて、

後はクマの体調回復を待って、

チケットを購入しようとしていたところ、

ホテルのフロントに日本人の女の子がいました。



!!!!



Eちゃんだ!



タイで出会って、3日ほど3人で旅をしたEちゃんが

会いにきてくれていました。






1週間ほど前に、Eちゃんがインド入りをしているのは知っていました。

それで、

「もしかしたら、会えるかもね。

私は○○ゲストハウスにいるよ」

ってメールを送ってたんです。




それをたよりに、私たちを探しに来てくれたんです。




嬉しくなった私たちは、

「もう日本に帰ろう」なんて言ってたくせに、

「次、ココに行こうと思うんだけど、一緒に行かない?」って

Eちゃんを誘って、

なんと、日本に帰るどころか、

ブッダの4大聖地を巡る旅を始めることになりました。




私とクマの間に漂っていた

イヤ~なムードも吹っ飛んで、

元通り、仲良しです。




そういや、タイで会ったときも

Eちゃんと一緒に行動したおかげで

久々に精力的に動けたりして、楽しかったな。




おまけに、

クマに降り注いでいた負のオーラも

Eちゃんパワーで吹っ飛んで

すっかり元気になりました。



これで

「明日も一万歩」フル回転です!!
[PR]
by ashiichi | 2012-02-08 16:58 | 34カ国目 インド
負のオーラ
2月2日(木曜日)

ナマステ。

インドはバラナシに滞在中です。




バラナシと言えば、ガンジス川です。

b0206598_3102811.jpg



ガンジス川といえば、死体が流れています。





そう思っていたけど、

死体は滅多と流れません。

燃やした灰を流すのが基本で、

燃やせない人は、重りをつけて沈めるそうです。





ここではすっかり負のオーラに包まれてしまったのか、

ipodの画面が割れてしまいました。

b0206598_311149.jpg


旅のマストアイテム上位のipodさん。

なのに、先日「iphone買おうかな・・・」と言ってしまったのを

聞いていたのかもしれません。

ごめんなさい。




バラナシの負のオーラとipodさんの怒りのオーラを受けて、

ユキコはこんなことになってしまいました。





病院にて、点滴中。

b0206598_3151734.jpg



変なものを食べた覚えはないけど、

下痢に3日悩まされた結果、

カリカリにやせ細り、ありえない体重となってしまいました。



でも、インド人でも藪でも医者は医者。

点滴とお薬で今はスッカリ元気に!!

体重もあっという間に元通り。



そして、負のオーラ。

次はクマの身に降りかかろうとしております・・・




現在、バラナシ滞在2週間。

インドで一番キライな町、バラナシ。

さて、いつになったら脱出できるのでしょうか??
[PR]
by ashiichi | 2012-02-06 03:17 | 34カ国目 インド
カジュラホ村に行ってきました
1月17日(火曜日)

カジュラホ村は、こんな↓

b0206598_2253557.jpg


エッチな彫刻の遺跡で有名です。




小さな村に、世界遺産のこの遺跡があるので

たくさんの観光客が訪れます。

その比率にビックリ!!




アシイチ調べ、

カジュラホ村にいる人種は

黒い人 4割

白い人 1割

黄色い人 5割



黄色の内訳。

9割5部が韓国人です。



インド人よりも韓国人がたくさんいる町なのです。




ここは村なので、

少し歩くだけで、のどかなエリアに入れます。

ここは 旧市街だそうです。

b0206598_2265425.jpg


みんな軒先に出て、日光浴してたり、

井戸の近くでお洗濯していたり、

のーんびり生活のようです。




歩いていると、どこからともなく少年が寄ってきます。

で、勝手にガイドをしてくれるんですね。

b0206598_2274395.jpg


最後に勉強のために本を買ってくれ。って言われちゃうんですけど、

(買わないですけどね)



この町では、ガイドとして生きていくのが一番お金になるのか、

語学学校に行くお金がない子供たちは

こうやって、外国人に話しかけることでお勉強しているそうです。

机の上でお勉強するよりも、よっぽど効率的だね。




この町でもいつもどおり、

おいしいチャイ屋さんを1件決めて

毎日3回通い詰めました。

チャイの美味しさの決め手は

甘さと生姜のバランスですね。

b0206598_2283828.jpg


通っていると、私たちを見つけてニッコリしてくれたり、

帰るときにも、私たちが「バイバイ」って手を振ると、

いいや!「また明日ね!」とか

「お昼にね!」なんて言ってくれるのが

所詮、彼らにとって、私たちは金づるかもしれないけど

嬉しいな。




b0206598_2324148.jpg


 ↑ 細い路地でバイクがつかえて、進めなくなった

 おバカなインド人。


 インドはやっぱりインド人が一番面白い。
[PR]
by ashiichi | 2012-02-01 02:36 | 34カ国目 インド
憧れのお墓参り
1月11日(火曜日)


憧れのアーグラーにいます。

アーグラーといえば、タージマハルですよ。

b0206598_19255692.jpg



朝起きてタージマハルの状況を確認してみると、

霧だらけで、なーんにも見えません。

町を歩いてもこんな感じ。

b0206598_19173867.jpg


これが朝9時くらい。




お昼ぐらいから霧が晴れだして、

2時くらいにスッキリしてきたので、

念願のお墓参りに行ってきます!!!





そう。

タージマハルってお墓なんですよ。

お墓にお金を取って入れる。って

インド人、思い切ったことしますよね。




そして、タージマハルの入場料は

インド人20ルピー(約40円)

外国人750ルピー(約1,500円)

と、桁違い!

ちなみに、私たちの1日の予算は

ホテル代も全部込みで2人で1000ルピーです。

入場料だけで予算オーバー!!




でもね、

ここは払いがいがありました。



まず、入場するときにインド人は長蛇の列なのに

外国人は横から スッと入れちゃいます。

15分は短縮できたはず。


お墓(メイン)の中に入るときも

インド人と外国人の列は別です。

b0206598_19184182.jpg


なんか、いー気分!!!!




そんなことよりも、タージマハルですね。



すばらしいです。

これが見たくって、インドに来たんです。

b0206598_19235678.jpg


ただの門がこの美しさ!

仏教徒もヒンドゥ教徒もシーク教徒も

そんなの関係なく、美しいものは美しいんです。

イスラム建築って、本当に美しい。

おじいちゃんも孫の写真を撮るのに夢中です。

b0206598_19243262.jpg


何回も書いてるかもしれないけど、

イスラム教が世界で一番真面目な宗教な気がします。

(ヒンドゥ教が一番訳わかんない!!!)



しかも、今日はクマと2人じゃないんですよ。




お昼ごはんを食べに行ったときに

出会っちゃったんです。

1ヶ月前にエローラで会った名古屋のKちゃんに。




エローラでは連絡先も聞かずに別れちゃったけど

必要なら、こうしてもう一度会えるんですね。




そして、さらにもう1人。

東京のKちゃんとも知り合うことができました。



晩ごはんは4人で楽しく。

クマもビールが進んじゃいますね。

b0206598_19251665.jpg

[PR]
by ashiichi | 2012-01-22 19:28 | 34カ国目 インド
舌切り雀の旅
こんにちは。

リアルタイム、今朝、バラーナシに到着です。


1月4日(水曜日)


ィヤッホーイ!!!!

サリー買いましたよ!



ドキドキしたわぁ・・・。



何にもドキドキすることないかもしれないけど、

まず、私はヒンディー語はもちろん、英語もダメだし、

サリーを買うときの仕組み?がよくわからない・・・。

だから、お店に入るのも怖くて・・・。



でも、インド人って基本は優しいんです。

だから、私と同じように片言の英語の店員さんも

一生懸命教えてくれます。



まずは、たくさん有るサリーの中から好きな柄を選びます。

次は、ペチコートとブラウスの布を選びます。

私の買ったお店はペチコートは売ってるけど

ブラウスの布は置いていませんでした。



お店の人が何かヒンディー語で住所を書いてくれて

それを持って聞いて歩きます。

なんだか「舌切り雀」の気分です。

b0206598_0215723.jpg


馬洗い(タバコ屋)のおじさんに聞いて

アッチだと教えてもらい、



牛洗い(薬屋)のおじさんに聞いて

コッチだと教えてもらい、

着いた所は別のサリー屋でした。



ここではサリーの他に

ペチコートやブラウス用の布地も売っていて

私はブラウス用の布地を購入です。



次はコレを持って仕立て屋さんへ行きます。

こんども布地を買ったお店の人に教えてもらって

再び「舌切り雀」です。

b0206598_0223572.jpg


仕立て屋さんにブラウス用の布地と、

サリーの布についているブラウスの部分を切り離して

預けます。



そう。サリーって6mくらいで売られているけど、

そのうちの1mくらいはブラウスを作るための布になってるの。

だから、みんなサリーの裾のステッチと

ブラウスの袖のステッチが一緒だったりしてるのね。



仕立ては本当は2~3日かかるみたいだけど

大急ぎで1日でしてもらいました。

採寸してから作ってもらったブラウスは

残念ながら、おっぱい部分に余裕があって

おなかの部分が苦しい・・・

なんだか切ないことになってます。

(インド人、細くておっぱい大きい人多いから・・・)

でも、着られるから大丈夫。



参考までに、今回のサリー一式の価格は

サリー 500ルピー
ペチコート 100ルピー
ブラウスの布 70ルピー
仕立て代 80ルピー

合計 750ルピー(約1,500円)でした。


ただいま着付けの練習中。

いつか公開できるといいけどね・・・。


=============

本日の歩み      18,143歩

今日までの歩み 4,591,378歩

舌切り雀効果!

=============
[PR]
by ashiichi | 2012-01-22 00:24 | 34カ国目 インド


カテゴリ
全体
準備
準備:ルート
準備:持ち物
1カ国目 ニュージーランド
2カ国目 オーストラリア
3カ国目 ハットリバー公国
4カ国目 アルゼンチン
5カ国目 ウルグアイ
6カ国目 チリ共和国
7カ国目 ボリビア
8カ国目 ペルー
9カ国目 エクアドル
10カ国目 コロンビア
11カ国目 ブラジル
12カ国目 パラグアイ
13カ国目 スペイン
14カ国目 ギリシャ
15カ国目 トルコ
16カ国目 ブルガリア
17カ国目 ルーマニア
18カ国目 セルビア
19カ国目 ボスニア・・・
20カ国目 マケドニア
21カ国目 ハンガリー
22カ国目 クロアチア
23カ国目 スロベニア
24カ国目 オーストリア
25カ国目 ポーランド
26カ国目 ウクライナ
27カ国目 スロバキア
28カ国目 フィンランド
29カ国目 エストニア
30カ国目 ラトビア
31カ国目 日本
32カ国目 タイ
33カ国目 マレーシア
34カ国目 インド
35カ国目 ネパール
36カ国目 ラオス
37カ国目 ミャンマー
帰国後
東京生活
小笠原
カミーノ
カミーノ日記
未分類
最新の記事
Santiago de Co..
at 2014-11-26 08:00
Santa Irene → ..
at 2014-11-24 08:00
Castaneda → Sa..
at 2014-11-21 08:00
Palas de Rei →..
at 2014-11-19 08:00
Portmarin → Pa..
at 2014-11-17 08:00
以前の記事
ランキング参加中
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧